Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Blog&Myself
Selected Entries
Categories
Recent Comments
  • 三浦しをん『舟を編む』  ★★
    藍色 (10/06)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ (06/13)
  • 松浦理英子『裏ヴァージョン』  ★★★★★
    マリ姉 (04/30)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    マリ (01/21)
  • ポール・オースター『幽霊たち』  ★★★★
    渋谷の帝王 (11/04)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    マリ (10/27)
  • ジェイ・イングラム『そうだったのか! 見慣れたものに隠された科学』  ★★★★
    Skywriter (09/12)
  • 東川篤哉『密室に向かって撃て!』  ★★★
    hirose (11/17)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    マリ (06/19)
  • 金森修『サイエンス・ウォーズ』  ★★★★
    Skywriter (02/06)
Archieves
Links
Others

Memoria de los libros preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります
星の数は気分なのであてになりません
<< 森奈津子『踊るギムナシウム』  ★★★ | TOP | 津原泰水『たまさか人形堂物語』  ★★★★☆ >>
川上弘美『どこから行っても遠い町』  ★★
男二人が奇妙な仲のよさで同居する魚屋の話、真夜中に差し向かいで紅茶をのむ「平凡」な主婦とその姑、両親の不仲をじっとみつめる小学生、裸足で男のもとへ駆けていった魚屋の死んだ女房…東京の小さな町の商店街と、そこをゆきかう人々の、その平穏な日々にあるあやうさと幸福。短篇の名手による待望の傑作連作小説集(Amazon)

 息をするように配偶者以外と関係を持つ、川上さんがよく書く設定があんまり好きではない、というか明白に苦手だなと思った。いわゆる浮気や不倫それ自体はどうでもいいのだけど、三人以上がいて、そのうち一人が何も知らされていないという状態が苦手。それはフェアじゃないと、そもそも存在しないんであろうフェアネスを、フィクションにおける性愛関係にはしばしば求めてしまう。皆知ってて普通に暮らしているんならむしろ好ましいんだけども、そうじゃないのはダメみたいだな。元々あまり合わないけど、この人の文章が読みたくなるときがあってたまに読んでいる。
| 現代小説(国内) | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。